家に被害を与えるシロアリ~害虫駆除のコツ~

男性

住宅の悩みを解決する

作業員

駆除の特徴

住宅の木部へと忍び込むシロアリは、一度入られると住宅下に巨大な巣穴を作って生活を始めます。巣穴は時間とともに大きくなっていき、気付いた時には住宅全体がシロアリに食い散らかされている事もあります。そうなる前に駆除する必要があり、早期発見が早期解決へと結びつくため、重要な役割があります。駆除には特殊な薬剤を散布する方法と、食われた木部を根こそぎ取り除く方法があります。薬剤散布はシロアリをある程度取り除いてから行われますが、均等に撒かれるため高い効果があります。ただ効果は使用する薬剤によって異なり、10年程度の物もあれば永年効果のある薬剤もあります。食われた木部を取り除くのは最も効果的であり、シロアリに二度と巣を作らせない環境を作り上げる事ができます。

多くの人が駆除するワケ

シロアリは地下から侵入し基礎部分や柱、壁や屋根へつたっていき、最後には住宅全体に蔓延る事になります。住宅の経過年数が経てば経つほどその傾向が強く、築20年と40年では被害の程度も違います。何もしないで放置すると住宅構造が弱まり、強い揺れに弱くもろい家になってしまいます。被害は地震だけでなく、台風や洪水といった自然災害全般に及ぶため、シロアリの気配を感じたら住宅の見直しを図る必要があります。シロアリ駆除は薬剤散布をするだけでなく、住みづらい環境を作る事も大切であり、強固な家にする必要があります。シロアリは湿った場所や光の入らない場所を好む傾向があるため、換気口を大きくとり通気を改善すると良いです。